R. | house 3F コワーキング・スペース Third 

Third-logo
「インテリアとアート」の発信拠点R.Design Tokyo にクリエータのためのコワーキングスペースができました。

月額会員(固定席)

特定の座席を確保しておきたい方におススメ

 29,000(税込) /月

Option
郵便受取サービス無料
法人登記3,300円/月
その他
事務手数料3か月以上:無料 3か月未満:+5,500円

月額会員フリー席

¥ 19,000(税込) /月

Option
郵便受取サービス無料
法人登記5,500円/月
その他
事務手数料3か月以上:無料 3か月未満:+5,500円

ドロップイン(1日利用)

 2,500(税込) /日

本約款は、Amocc Pte. Ltd.日本法人(以下「当法人」という)と、当法人の運営する「R.Design Tokyoコワーキングスペース Third」(以下「当施設)という)への入会を希望する者との間において締結される、当施設への入会、当施設に関連する施設利用および提供されるサービスの利用等に関する契約を定めるものです。 このほか、本約款は、当施設の会員になることで各種サービスの利用者として遵守すべき内容も規定しています。

第1条(当施設の目的)

当施設は、様々なクリエーターの活動を支援し、またイノベーションを生み出し推進する交流の場として、各種サービスの提供を行なうことを目的とします。

第2条(会員概要)

  1. 当施設への入会を申し込み、当法人の承諾を得たものを会員とします。
  2. 当施設の会員は、月額会員(固定席、フリー席)とします。
  3. shop.r.designウェブサイトより会員登録フォームの入力を終え、会員証を発行されていない状態を「仮会員」とします。
  4. 次に該当する方は、当施設の会員等として入会することができません。「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」第2条2号に定義する暴力団(以下「暴力団」という)、同法第2条6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という)、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜または特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下「暴力団員等」という)、ならびに以下の者① 暴力団員等が経営を支配していると認められる者② 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる者③ 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加え目的を持ってするなど不当に暴力団員等を利用していると認められる者④ 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる者⑤ 役員または経営に実質的に関与している者が、暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有する者
  5. 当施設の会員となった後に前項3号に該当するものであることが判明した場合、または新たに前項3号に該当することとなった場合には、当該会員は、当施設の会員としての資格を失うものとします。この場合、当該会員は、会員としての資格を喪失すると同時に、当施設を退会したものとみなし、各種サービスを利用する権利等、会員としてのいかなる権利、特典を失うものとします。
  6. 月額会員(法人・団体)の記名登録者につき、1項ないし2項に該当する事由があることが判明した場合、その記名登録は効力を失い、当該記名登録者は、各種サービスの提供を受ける資格を失うものとします。
  7. 月額会員(固定席)、月額会員(フリー席)、月額会員(法人・団体)を希望する場合は、1 ヵ月以上の利用を条件とします。1 ヵ月未満の利用で会議室会員への種別変更を希望する場合でも 1 ヵ月分の施設利用料を支払うものとします。

第3条(会員の権利・義務)

  1. 会員は、会員が当法人に支払うべき別表に定める会費、各種手数料等を支払い、その上で定められる各種サービスの利用に応じその利用料を支払うことで各種サービスを利用できるものとします。
  2. 会員は、前項に定める権利を除き、本施設その他の本施設に付属する財産に関し、所有権、賃借権を含む一切の権利を有しないことを確認します。
  3. 会員は、以下の各号に定める義務を負うものとします。 1)本約款等を遵守すること。2)当施設の健やかな発展と会員相互シナジーに貢献すること。3)当法人もしくは会員が、当施設で展開する活動に積極的に参加し、協力すること。
  4. 会員は、当施設に同伴または紹介した会員以外の者(以下「ゲスト等」という)の行為に責任を持ち、他の会員等のゲスト等に対し損害を与えないよう監督義務を負うものとします。尚、ゲスト等が、当施設での言動に関して、当法人または他の会員等ないし他の会員等のゲスト等に対し損害賠償債務等を負う場合、その他当法人または他会員等ないし他の会員等のゲスト等に対し損害を与えた場合には、会員はゲスト等の監督義務違反による責めを負うほか、その損害賠償債務を連帯保証し、その損害の賠償の責を負うものとします。
  5. 条各行の規定に関わらず、本約款の規定により会員資格停止・除名とされた会員は、当施設が提供する各種サービスを利用不可とし、さらには会員等としてのいかなる権利も行使できないものとします。

第4条(入会契約の申込等)

    1. 当施設の会員となることを希望する者(以下「入会希望者」という)は、本約款等の内容を確認・承認し、当法人所定の審査(面談)及び承認を得た上で、運営者の定める会費を運営者の定めた期日までに支払うものとします。
    2. 前項の審査にあたり、入会希望者に対し、当法人の自由な裁量により審査に必要と判断する資料の提出を求めることができるものとします。入会希望者は、当法人の要請に従い、当該資料を速やかに提出するものとします。
    3. 当法人はその自由な裁量により利用申込みを承認し、又は承認しないことができ、承認しない場合はその理由を示す必要はないものとします。 但し、会議室会員の入会に際し、面談等の審査は行わないものとします。

第5条(会員証)

  1. 当法人は会員に対し、入会契約の成立後速やかに会員証を作成し、これを当該会員に付与します。
  2. 会員は、第三者に自身の会員証を交付・貸与等することはできないものとします。但し、当法人が別途承諾した方についてはこの限りでないものとします。
  3. 会員以外の第三者が会員証をもって各種サービスを利用した場合、各種サービスに関する利用料等の支払いを含むすべての責任および債務は、当該会員証の貸与を受けた者のほか、貸与した会員も連帯して負うものとします。
  4. 会員証は譲渡、転売、貸与、担保の用に供してはならないものとします。
  5. 会員証は当該会員に専属的なものとして、相続の対象とならないものとします。
  6. 会員が会員証を紛失もしくは盗難された場合には、直ちに当法人に届け出るとともに、所定の会員証再発行手続きを行なうものとします。
  7. 会員は、会員証の再発行後、紛失もしくは盗難された会員証を発見した場合、速やかに当該会員証を当法人に提出するものとします。

第6条(サービス)

  1. 受付対応時間 10:00〜19:00 ただし、会員ごとの利用可能範囲・時間は以下の通りとします。
    会員区分利用可能範囲利用可能時間
    固定席会員それぞれの契約している固定席9:00から23:00
    フリー席会員三階のフリースペース9:00から23:00
  2. 来訪者の利用 ・月額会員(フリー席)を訪ねて来館する利用者をゲストとします。・ゲストは、上記会員と同席の場合に限り、受付で手続き後、施設を利用できます。・ゲストが館内を利用できる時間は、以下の時間内とします。9:00~23:00・上記会員1人につき同時に5名まで、フリー席を1日あたり2時間まで無料でゲスト利用することができます。・ゲスト利用が2時間を超える場合、ドロップインの料金を頂戴します。
  3. 会員共通の事項・ワイヤレスインターネット接続サービスを無償で利用できます。 ・複合機(コピー・FAX・プリンター・スキャン)の利用は有料です。 ・運営施設に対し損傷等があった場合は、修理費用をご負担いただきます。 ・会員は、自身のゲストおよび従業員に対し、本利用規約の周知を徹底することとします。
  4. 喫煙 所定の禁煙スペースをご利用ください。
  5. 掃除 当法人は、運営施設の共用部分のみ掃除を行います。オフィス内および固定席内は、会員各自で清掃してください。
  6. ゴミ館内のゴミ箱に分別して捨ててください。ご自身でゴミ出しをされる場合は、各運営施設のビル及び地域の規則に従ってください。
  7. 飲食行為 ・各運営施設内の飲食は他のメンバーの作業の妨げにならない程度のものとし、臭気が強い飲み物・食べ物は避けてください。・当法人の事前承諾なしにアルコールの摂取及び提供等をすることは禁止します。
  8. 衛生上の自己管理深夜作業 ・工房作業・体臭からくる汚れ、臭いには注意してください。
  9. 郵便物の預かり ・郵便受け取りの登録のある会員の郵便物を一時的に預かりますが、冷凍又は冷蔵が必要なものについては対応しかねます。・郵便受け取りの登録のある会員の退会日以降に届いた郵便物は発行元に返送します。
  10. 貴重品及び私物の管理 貴重品及び私物の管理は各自で責任を持って行ってください。盗難や紛失等に関して、運営者は一切の責任を負いません。
  11. 固定席設備について ・固定席専有の電話を設置することはできかねます。オプションの固定電話サービスをご利用ください。・固定席内の家具配置、機器設置等は、運営者の承諾を得た上で行えます。(費用は自己負担となります)

第7条(会員種別の変更)

  1. 会員は、当法人が定める所定の方法に基づき変更申込書を当法人に提出することにより、契約内容を変更することが出来るものとします。
  2. 変更申込書の提出は、原則退会希望日の 2ヶ月前とし、当法人が認める事由がない限り支払い済み会費の払い戻しは行わないものとします。
  3. アライアンス、オフィス会員、月額会員(固定席、フリー席)は、会議室会員への会員種別変更適用日をもって、月額会員としての一切の権利を失い、各種サービスを利用できなくなるものとします。

第8条(解約方法)

  1. 会員は、当法人が定める所定の方法に基づき解約通知申込書を当法人に提出することにより、解約することが出来るものとします。
  2. 解約通知申込書の提出は、原則退会希望日の 2ヶ月前とし、当法人が認める事由がない限り支払い済み会費の払い戻しは行わないものとします。
  3. アライアンス、オフィス会員、月額会員(固定席、フリー席)は、解約日をもって月額会員としての一切の権利を失い、各種サービスを利用できなくなるものとします。
  4. 契約最終日の各運営施設の受付時間内に、固定席の鍵(2〜8名固定席会員のみ)、キャビネットの鍵(1〜8名固定席会員のみ)、ロッカーの鍵(該当者のみ)、ICカード(桜町店会員のみ)を速やかに返却してください。返却がなかった場合、運営者が鍵交換、ICカード再発行等に要した費用を会員が負担します。
  5. 返却時、利用されていたスペースに破損や汚損があったときは、会員が補修費及び清掃費を負担します。
  6. 解約後に会員が登記の変更手続きを行わなかったことにより運営者が損害(弁護士費用を含む)を被った場合、その損害を会員が補償します。

第9条(禁止事項)

当施設では、以下のことを禁止いたします。下記行為が行われていると当方にて判断もしくは、他のお客様より報告があった場合は会員資格を全て停止いたします。尚、会員資格停止処分を受けた場合いかなる事由があろうと、それまでに発生したご利用料金の返金は致しかねます。損害に関しても一切責任を負いかねます。 ・自己又は第三者をして、反社会的勢力の事務所として使用すること ・危険物搬入等の運営施設の入居している建物に害を及ぼすおそれがある行為 ・運営施設の入居している建物の利用者に迷惑を及ぼすおそれがある行為 ・運営施設を利用する地位・権利を譲渡、貸与すること又は担保の用に供すること ・固定席の全部又は一部を、第三者に有償又は無償で再転貸すること ・住居、風俗営業、有害物質・危険物質の取扱い等、利用申込書に記載する業務内容以外に使用すること ・宿泊すること ・会員およびゲスト等による、政治活動、宗教活動、ネットワークビジネス、マルチ商法もしくはそれに準ずる行為 ・他の会員等の迷惑になる行為や誹謗中傷等の言動 ・当法人の事前承諾なく、運営施設に造作、設備、家具等を設置すること ・危険ドラッグ、大麻、覚せい剤、麻薬等を所持、使用、製造、栽培、販売又は販売する目的で保管もしくは陳列する場所として使用すること ・火器を使用する作業又は火器を使用する機器を設置すること ・各運営施設における営業及び運営施設に関する法令に違反すること ・上記各項目の他、当法人と会員間の信頼関係を破壊する行為を行うこと

第10条(廃止等)

  1. 当法人は、当施設の全部または一部を廃止することができるものとします。尚、当施設の全部が廃止された場合には、会員は当施設の会員権を失うものとします。
  2. 当法人は、当施設の全部または一部の内容を変更できるものとします。

第20条(休館日)

  1. 当施設の休館日は、別途当法人の定める日とします。
  2. 前項のほか、天災地変等により当施設の施設が不測の損害を被った場合、または当施設の改修・補修が必要となった場合には、当法人は、相当な期間当施設の全部または一部を休館、閉鎖できるものとします。
  3. 当施設を休館または一時閉鎖する場合、当法人は、適当と認める方法によって事前にこれを会員に通知します。但し、緊急を要する場合等、やむを得ぬ場合はこの限りではないものとします。

第11条(その他)

  1. 本規約に定めのない事項および各運営施設に必要な事項は、別途定めることができるものとします。
  2. 当法人は、本約款等の内容を合理的範囲内において変更できるものとし、当該本約款等変更後においては、当施設における当法人と会員との関係は、変更後の本約款等の内容によって規定されるものとします。尚、当法人は本約款等を変更する際には、当該変更の効力が発生する相当程度以前から、変更内容を本施設内に提示する等の方法により、会員に十分周知するものとします。

第12条(合意管轄)

会員および当法人は、会員契約に関するすべての紛争について、東京地方裁判所を第一審の管轄裁判所とすることに合意します。 以上

お問い合わせは support@amocc.net までメールにてご連絡ください。

最近チェックした商品
No recently views items
すべてクリア